ホワイトニング

whitening

ホワイトニングとは

当施術は保険適用外の自由診療になります。
色の悪くなった自分自身の歯を、ホワイトニング剤により白くします。ホワイトニング剤を歯の表面に塗って色素を落としたり、歯の中にある色素を分解して歯の色を明るくします。
ホワイトニングには大きく分けると「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の2つの方法があります。

ホームホワイトニング

マウスピースを用い、ご自宅でホワイトニングを行う方法です。

STEP.01

カウンセリング

お口の中をチェックし、カウンセリングを行います。このときに濃度とタイプを決定します。

STEP.02

マウスピースの作製

歯の型を採り、マウスピースを作製します。

STEP.03

ホワイトニング

日中または就寝中にマウスピースを装着し、ホワイトニングを行います。
回数によって自分の希望の白さまで白くする事が可能です。

STEP.04

メンテナンス

数ヶ月に1〜2回程度、メンテナンスのためのホームホワイトニングを行い白さをキープします。
※元の歯の色や状態によって、白さには個人差があります。

ホームホワイトニングのメリット

  • ・自宅でできるホワイトニング
  • ・自分の都合でいつでもホワイトニングができる
  • ・希望の白さまで白くする事が可能

×ホームホワイトニングのデメリット

  • ・自分で行うため手間がかかる
  • ・少しずつしか白くならないため時間がかかる(通常2〜4週間)
  • ・効果がわかりづらい
  • ・歯や体の状態によっては、ホームホワイトニングができない場合がある

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院でホワイトニングを行う方法です。高濃度の薬液を使用し、ホームホワイトニングより短い期間で歯を白くします。一度で希望の白さにならない場合には数回通院する必要があります。
また、オフィスホワイトニングは短期間で歯を白くすることが出来るというメリットがある反面、短期間で色の後戻りが起こりやすいというデメリットもあります。

STEP.01

カウンセリング

ホワイトニングが出来るかどうか検査を致します。
同時に歯の色の診断も行い、写真を撮ります(問題なく行えると診断された場合)。

STEP.02

歯科医師による診査

虫歯、歯周病等の疑いがある場合は、レントゲンを併用しての診察を行います。

STEP.03

ホワイトニング前のクリーニング

歯をしっかり磨き、歯の表面の汚れを取ります。

STEP.04

歯肉保護+ジェル塗布

歯の周辺を保護し、ホワイトニング剤を歯の表面に塗ります。

STEP.05

光照射

約10分×3回の光照射を行います。薬剤の除去と再塗布を含めると合計で約45分間程で終わります。個人差により照射時間が変わる事があります。

STEP.06

終了

最後に再度、歯の表面を磨き、フッ素コーティングし施術完了後の歯の色の診断を行い、写真を撮って終わりです。

オフィスホワイトニングのメリット

  • ・短期間で歯を白くすることができる。
  • ・全て歯医者さんにお任せなので気軽にできる。

×オフィスホワイトニングのデメリット

  • ・必ずしも1回で理想の歯の色になるとは限らないので、場合によっては数回歯科医院に通う必要がある。
  • ・ホームホワイトニングよりも色が後戻りしやすい。
  • ・真っ白な歯を望む場合には、オフィスホワイトニングでは不可能。
    (この場合には、クラウンやラミネートベニアで治療を行う必要があります)

よくあるご質問

Q

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングどっちがいいの?

A

基本的にはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用が推奨されています。二つの方法を併用することにより、デメリットを解消し、比較的短期間に歯を白くすることができ、色戻りもしにくくなります。もちろん、どちらかの治療方法のみ選択される方もいらっしゃいます。
その際には、要望に合わせて選択してください。ただしご注意いただきたいのは、ご自身の歯の状態です。

Q

ホワイトニングの効果には個人差がある?

A

ホワイトニングの効果には個人差があります。
もともと歯の色が濃い方、変色してしまっている方はホワイトニングの効果が出にくい場合があります。
また、むし歯の治療などで歯が黒く変色してしまっている方や人工の歯または人工の詰め物にはホワイトニングを行うことはできません。
コーヒーや赤ワイン、タバコ、カレーなど色の濃い食べ物を好む方はホワイトニングをした後、色の後戻りが早く起こる場合があります。

Q

ホワイトニングって痛くないの?

A

歯が削れてしまっている場合や歯にひびが入っている場合、知覚過敏の場合、エナメル質が薄い場合、詰め物に隙間がある場合など歯の状態によってはホワイトニングの際に歯にしみることがあります。
健康な歯でもホワイトニング中に軽い痛みを感じることがあります。

Q

歯へのダメージはあるの?安全性は?

A

ホワイトニングの安全性は、様々な大学や研究機関の発表により「歯にダメージを与えない方法」として確立されています。
ホワイトニング剤の主成分は「過酸化水素」、または「過酸化尿素」であり、米国食品医薬品局(FDA)でも成分の安全性を保障しています。
日本においても過酸化尿素のホワイトニング剤は厚生省が認可を出していることから問題はありません。
また、唾液に含まれるフッ素等の成分によって再石灰化等による回復が期待できます。

Q

歯の白さはどのくらい持続できるの?

A

ホワイトニングの効果が持続する期間は、その方の諸好物、色に対する感覚、歯の構造などによって個人差があります。「色が付いてきたな」と思ったらホワイトニングを行って下さい。